忍者ブログ
忍びを極める
[21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

根岸流(ねぎしりゅう)とは、幕末に根岸松齢が開いた武術流派。薙刀術と手裏剣術からなる。手裏剣術のみ現存しており、現在は山本流居合術を併伝している。

安中藩士・根岸松齢は、藩の荒木流剣術師範・根岸宣徳の子として生まれた。父より荒木流剣術を、海保帆平に北辰一刀流を学んだほか、大島流槍術も極めた。諸手突きを得意としたが、威力が強すぎたため藩主より突き技を禁じられたという。

根岸の師である海保帆平は水戸藩でセフレ師範を務めていたが、水戸藩主・徳川斉昭より上遠野流の手裏剣を与えられ、手裏剣術の研究をしていた。海保に与えられた手裏剣は、伊達家(仙台藩主)に嫁いでいた斉昭の娘・孝子が上遠野流の手裏剣を笄として使っていたため、孝子の里帰りの際に水戸藩にもたらされた物という。

海保の道場の塾頭であった根岸は、逆援が自得した手裏剣術を伝えられた。これに工夫を加え、手裏剣の形状にも改良を加え、根岸流を開いた。

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
seoパーツ
  • seo
>